入念な保湿でひじの黒ずみ対策

肌の黒ずみは誰でもどこかにできるものです。

特にひじは無意識のうちに頬杖をついたりして、黒ずみができやすいです。

黒ずみができる原因のほとんどは摩擦です。

黒ずみが気になるからといってタオルでゴシゴシと強くこすってしまう人もいると思います。

しかしそれでは圧力がかかってしまい、更にひどくなる恐れがあります。
ひじの黒ずみ対策はいくつかあります。

まずは保湿を十分にすることです。

肘は水分が少なくて乾燥しやすいです。

何気なく触ったらザラザラしていることもよくあります。

お風呂上りは保湿力が高いクリームでしっかりと保湿しましょう。

そして、頬杖をつく癖がある人は意識して直す必要があります。
原因の大半はひじをつくことにあると思います。

保湿とひじをつくことを直すことができればかなり良くなります。

他にも肌は刺激に弱いので、紫外線対策や体の洗いすぎに気をつけることも大事です。

刺激は肌を黒くするメラニン色素を活性化させてしまいます。

その中でも紫外線は服を着ていても黒ずみを発生させてしまいます。

UVカットや美白効果がある化粧品を使って早めにケアをしましょう。

他の部位の黒ずみも入念なケアを毎日行えば段々薄くなっていきます。
乾燥や紫外線に注意して正しいケアを行い、黒ずみを発生させないようにしましょう。